ヤマキンの軌跡 + 加藤リーダー!個人投資家への道

関東の田舎にある、とある 中小企業 ( 製造業 ) の社員である『 加藤 』 が個人投資家になるまでのお話しであり、同じく 社員である 『 私 』 と 『 山田君こと ヤマキン 』 が、加藤 を応援するブログです。 このブログは、これから株式投資を始めようとする人や初心者の方に見て頂ければ幸いです。

久々の ヤマキン通信が届きました 。 以前から 言っていた通り、iDeCo がスタートしたみたいです 。 では、ヤマキン通信 をご覧ください ( 笑 ) 。

ヤマキンです 。 投資ネタが久々になってしまいました 。 5月ごろに楽天証券にてiDeCoの手続きをしていましたが 7月にようやく開始の案内が来ました 。 時間がかかった理由として、会社からの証明書を取得し、楽天に申請書を送ってから国民年金基金連合会への審査が1月近くかかりました 。  

資格取得が5月25日で5月と6月の2か月分は7月に引き落しとなりました 。 問題がなければ申請月で加入日を決めているようですね 。 申請時に掛け金額を決め加入のお知らせ後は、運用ファンドを決めます 。

・  拠出額は 5,000/月 の設定

・  運用ファンドはバランス型 35%
   国内外株式 30% 
     そのほかのファンド 30%

これらは、いつでも変更できるので市場動向によっては運用ファンドの比率を組み替えるかもしれません 。 今から60歳まで続けると元金だけでも 1,320,000 貯まります 。 仮に、10%の運用成果が残せたとすると   元金 1,320,000 × 運用実績 10% = 1,452,000 ( iDeCoでの運用は非課税 ) 。

運用実績10%は出来すぎだと思いますので、5%~7%程度で収まるのではないかと予想しています 。 国の施策として、年金の繰り上げ支給や会社も企業年金や退職金の廃止などいち会社員や自営業者には 一層厳しい環境になってきています 。 であるなら会社や国は当てにせず、老後資金は自分で用意しなければなりません 。 私は、今は蟻としてほしいものは最低限にとどめ、やがて退職となる冬には、懐を温かくゆとりある人生を送りたいと考えています ( 笑 ) 。


2018.8.15-3
2018.8.15-4
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ

夏休みも半分が過ぎました 。 やはり前半は、お盆の混雑などもあり あまり出かける気にはなりません 。 ちなみに子供の保育園はやっているのですが、13日 ~ 15日 は午前中のみしか預からず、基本的に預ける人もあまりいないので、ずっと子供も家にいましたが 明日から 保育園 に行きます 。 夏休み後半戦は ゆっくりと自分の時間を使おうかなと ( 笑 ) 。 お盆の時の、子供達が集まった時のうるさい事うるさい事 !

ちなみに 前半戦 は 一番遠い所で、軽井沢プリンスショッピングプラザ です 。 まぁ、目的は そこにある レゴのお店 なんですけどね 。 結局、子供に マインクラフトのレゴ を買いましたが … 。 軽井沢は基本的に好きではないので、めったに行かないです 。 今回は 遠くに行きたくなかったのと、軽井沢の方が少しは涼しいんじゃないかと言う事で ( 笑 ) 。

と言う事で、明日から 温泉を中心に後半戦を過ごす事にします 。
まぁ、出かけるのは 長期連休ではなく、有休をとって平日に出かけるのが一番 ( 笑 ) 。

この3日間は、出かけた時も 携帯で常に 株式市場は確認しており、決算発表の内容で保有株の入れ替えをしたので、明日からは 株式は放置します 。 まぁ、後半戦は ふざけネタが増える事でしょう ( 笑 ) 。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ

この 3日間 ( 13~15日 ) で 保有株の入れ替えを行いました 。 思ったより下げてくれたのがゴロゴロしていたのですが買付余力が無くて買えませんでした ( 笑 ) 。

とりあえず、購入は完了したのですが ムゲンエステート ( 3299 ) の今日の下げが気に入らない下げ方だったので、まだ下がりそうだと思い 手を出しませんでした 。 100株だけは 拾いましたが 。

明日から 株式は放置しようと思いましたが、ムゲンエステートだけは集めたいと思っているので 。 まぁ、買付資金もなくなってきたので 500株 の保有を予定しています 。 どこかで 残り 400株 は 購入予定です 。

2018.8.15-2
2018.8.15-1

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ

↑このページのトップヘ