加藤リーダー!個人投資家への道

関東の田舎にある、とある 中小企業 ( 製造業 ) の社員である『 加藤 』 が個人投資家になるまでのお話しであり、同じく 社員である 『 私 』 と 『 山田君こと ヤマキン 』 が、加藤 を応援するブログです。 このブログは、これから株式投資を始めようとする人や初心者の方に見て頂ければ幸いです。

仮想通貨を始め、モナコイン を中心に売買をしていましたが、最近 ( 1週間 ) は全く売買が出来ていません。理由は私が想定している 価格幅 ( 注文幅 ) に落ちてこない為、買えないのですが ・・・。

そこで、作戦を変更し『 トークン 』を買い始めました。 私も 仮想通貨 はまだ素人ですので、私が説明するよりは『 トークン 』と『 仮想通貨 』の違いで調べてもらった方がわかりやすいと思います。2つの違いを理解すると、株式をしている私にとっては発行者が存在している『 トークン 』の方が 株式に近いかと思います 。

と言う事で、モナコインの注文はそのまま継続し、『 Zaif トークン を拾い始めました。チャート的にも良い頃合いかと ( 私の判断ですが ) 。 加藤が 仮想通貨 なら、私は トークン で攻めてみますか 。

P.S.
今、おしゃれイズム で 乃木坂の白石麻衣 が出てるけど、ヤマキンは見てんのかなぁ~。て言うか、ヤマキンはこのブログで乃木坂ファンと豪語しているけど、そういえば誰のファンなのでしょう?いずれ乃木坂ファンになった話をしてくれる事でしょう。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

本日は、ヤマキンファン必見の ヤマキンブログの日です。週1回はお願いしてあるので、今後はヤマキン担当日が増えます! では 以下 ヤマキンメールです 。

ブログ主さんより、週一回はブログ担当してほしいと要望があったので、土日は担当させていただきます(18. で投資で利益が大きく出たらブログ主はポルシェを買い、加藤くんはグランドチェロキーを買うようなことが 書いてありましたね。その前に、利益を2桁上げたら中洲で豪遊だ!と。でも、一時本気で中洲旅行計画があったのですが、加藤くんの資金難で中止になってしまいましたが・・・。 計画書まで存在していたんですよ! やはり、加藤くんの資金計画は一度見直す必要がありそうですね。 この辺は、主さんがうまく暴いてくれると期待しています!  

さて、私の目標は「別府大分毎日マラソン」への切符を掴むことです。走ることが趣味みたいなもので、平日仕事終わり後や土日は真冬の朝4時半くらいから峠に向かって走ることも
あります。かなりの変態っぷりです()  

別府大分は、フルマラソンとして3時間30分以内に走りきることが参加条件となっています。市民ランナーの憧れの大会であります。毎年2月のあたまに開催しテレビ中継もしているのでメジャーな大会の一つです。私の記録は2017年度の古河はなももマラソン大会の3時間34分が自己ベストです。 3時間30分以内で走るには4分57秒/kmで走り続けないと達成できません。中々この壁が越えられない。 来年3月の古河はなももで3時間30以内を目標にして別府の切符を掴みたいです。別府行ったら温泉につかり、うまい魚やとり天を食べたい() これが私の目標です。  

もちろん旅費も必要になってくるわけなので、セゾン投信でコツコツ。先週開設した「クラウドクレジット」と
不動産の「オーナーズブック」で投資をして旅費の足しになればいいなあ。実際の運用実績は振り込みしてからまた来週報告します。


以上、ヤマキンメールでした 。
ヤマキンの目標は素晴らしい目標でしたね。しかし、やはり ヤマキン は 加藤 に激怒していますね。加藤が結果を残し、中洲の屋台で ヤマキン と和解の盃をかわす日が来るのでしょうか ・・・ 。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

最近 いろいろ初めてしまったので、今後の事を考え 確定申告について触れてみました。 私は サラリーマンなので、収入金額が 2,000万円以下のサラリーマン の分類に入ります。 よって、給与以外の所得が20万円以下の場合、確定申告が不要 になります 。

楽天証券 なども そうですが、私は 『 特定口座 』 にしているので基本的に 確定申告の心配はありません。 しかし、最近 始めた 仮想通貨 は確定申告が必要になってしまいますが、仮想通貨 は 遊び程度の金額なので、年間 20万円以上を 稼ぐつもりはありません 。

加藤 の場合は 仮想通貨オンリー なので確定申告が必要になりますが、来年は 確定申告が心配になるほど稼げるといいですが ・・・ 。 まだ、今年中に 逆転ホームランで 確定申告が必要になる可能性もありますけど ( 笑 )

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

↑このページのトップヘ